自宅がひび割れて来たなら外壁塗装時|優良業者に依頼

作業員

優良業者か見極める

京都で外壁塗装を塗装業者に頼む場合、どのような資格を持っているのかをチェックします。また、誰がその資格を持っているのかまで、確認する事が大切です。塗装業者の中には下請けの会社が持っている、資格で宣伝している所もあるためです。

施工の種類や相場を確認

ローラー

塗料の種類をチェック

家の壁にひびが入っているのを、見た事がある方も多いのではないでしょうか。新築時には何も問題はなくても、10年・20年と経過すると、ひびが入るなど壁にトラブルが起こるようになります。これは、紫外線や雨、湿気などによって引き起こされるトラブルです。新築時は壁に塗られた塗料によって、ダメージから守る事が出来ますが、時間の経過と共に塗料が劣化してしまうと保護出来なくなります。結果、壁が傷んでしまいクラックと言われる、ひびが入ってしまうのです。このような状態を予防するには、外壁塗装による定期的なメンテナンスが必要です。外壁塗装でもう1度、塗料を塗り直す事で壁を保護します。外壁塗装に用いられる塗料には、様々な種類があるので施工を考えている場合は、1度チェックしておきましょう。現在、外壁塗装で使われる塗料としては、シリコン樹脂塗料が一般的です。シリコン樹脂塗料の特徴は、紫外線にとても強く耐久性があります。メンテナンスをする期間も、15年前後と長い事から多くの現場で用いられている塗料です。シリコン樹脂塗料での施工にかかる費用は、1平方メートルあたりにつき2000円から4500円程度となっています。少し費用はかかっても、より機能性の高い塗料で外壁塗装を行いたいなら、光触媒塗料を検討してみてはいかがでしょう。光触媒塗料を施すと、壁は驚く程汚れません。汚れがつきにくいというだけでなく、汚れが洗い流されやすいのです。もちろん、壁の保護効果にも非常に優れています。光触媒塗料はまだ新しい塗料という事もあり、1平方メートル当たりの相場は5000円程度と高めです。ですが、その分効果には優れているので、外壁塗装を行う際は光触媒塗料も覚えておいて損はないでしょう。

一軒家

ホームページをチェック

沖縄では200社以上の業者が、外壁塗装を行っていると言われています。業者を選ぶ際は、ホームページをチェックしてみましょう。ホームページに掲載されているお客の感想や、施工の写真などをチェックする事が、業者選びをスムーズにしてくれます。

ハケ

塗装が建物に与える影響

外壁塗装では外壁洗浄や下地処理などを行い塗料の密着度を高めています。また、塗料の3度塗りで塗膜を厚く広く伸ばし塗料が持つ効果を最大限に発揮できるようにしています。これらはプロにしかできない作業ですから兵庫の業者に依頼することをお勧めします。